5.8-Inch iPhone、「曲がった」噂にもかかわらずフラットディスプレイを期待

5.8-Inch iPhone、「曲がった」噂にもかかわらずフラットディスプレイを期待

アップルは、 エッジトゥエッジOLEDディスプレイを備えた5.8-inch iPhone 今年の後半には、より薄いベゼルと ホームボタンなし。 また、一部の報告では画面が湾曲すると主張しているが、普及している情報源はデバイスがフラットディスプレイに固執すると予想している。

“We anticipate Apple will adopt a flat implementation of OLED design on their special iPhone model, which is analogous to the current 2.5D glass design,” IHSマークイット アップルなどのスマートフォンメーカーのサプライチェーンを調査、分析しているアナリスト、ウェイン・ラム氏は、 マックルーマーズ 今日。

“Much like the recently announced LG G6, we anticipate a touchscreen with a new longer aspect ratio design to take advantage of higher coverage area of the iPhone in its entirety. This new design language is expected to become the trend for 2017, as we all anticipate Samsung’s reveal later this month,” he added.

ラムは LG G6’s 5.7-inch LCD display with a 2:1 aspect ratio, meaning the screen’s length is double the size of its width. iPhones have a 16:9 aspect ratio. Likewise, leaked pictures of Samsung’s Galaxy S8 スリムなベゼルと物理的なホームボタンなしで同様に長いディスプレイを明らかにします。

先月、彼は 説明 LG G6は持ち運び可能で持ち運び可能なまま大画面を実現する方法:

LGのG6は、平均的な人間の手の人間工学的要求を破らない、没入感のある画面デザインを作成するための調査です。 大画面の消費者の要求に応えるが、ポケットサイズのデバイスを求めることで、LGは最新のスマートフォンの外観を人間工学的に見直すという課題に直面した。

KGI証券アナリストMing-Chi Kuo そして 中国の調査会社TrendForce have also recently said they expect Apple’s next flagship iPhone to have 2.5D cover glass, which refers to the slightly curved edges that the front of iPhones have had since the iPhone 6 and iPhone 6 Plus in 2014.

ウォールストリートジャーナル recently said Apple’s next high-end iPhone 湾曲した画面が表示されます報告書は具体的な詳細を明らかにしていない。 コリアヘラルド デバイスにも言った 湾曲したOLEDディスプレイを有する フラットディスプレイに典型的に使用されるガラスではなく、柔軟なプラスチック基板をベースにしている。

KuoとIHS Markitのアナリスト、Kevin Wangは5.8インチのiPhoneが 湾曲したスクリーン、おそらくで Galaxy S7エッジのような二重のカーブしたエッジしかし、各ソースはそれ以来、コースを逆転してきた。これはAppleが 少なくとも10種類のiPhoneプロトタイプをテストしました 今年。

日本語サイト 日経アジアレビュー そして バークレイズのアナリストBlayne Curtis have also outlined expectations for an iPhone with a curved display in the past, so there is clearly a divide between the rumors that might not clear up until “iPhone 8” part leaks likely begin to surface over the coming weeks and months.

One possibility is that reports calling for a “curved” screen are actually referring to the 2.5D cover glass, as seen in previous iPhone rumor cycles. Also, given the flexible properties of OLED, some reports might be simply assuming the next iPhone will have a curved display, when a flat design is still an option.

IHS MarkitはAppleが将来もっと多くのiPhoneモデルでOLEDを使用することを期待しています。 Lam氏は、Touch Barのような機能のように、アスペクト比が長いほど、Appleがディスプレイを新たに使用する余裕があると指摘した。 彼はまた、5.8インチのiPhoneが ディスプレイに埋め込まれたタッチID以前の噂に沿って

ソース

返信を残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.

GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!